【9/29小松VS塩見】小松がマウンドにキターーーー!!!

投稿日:

本当にお疲れ様でした

 

こんにちは。

今回の試合を含めて残り2試合、そしてホーム最終戦、そしてそして小松投手の引退試合。

試合結果はこちら。

 

楽 100008100 10
オ 000101000 2

勝 塩見 8勝9敗
負 金子 7勝9敗

伊藤 3号ソロ
吉田正 10号ソロ

詳しい結果はこちら「Sportsナビ

 

先発は1人限定登板の小松投手。

相手の島内選手に2球連続で外の良いコースのストレートで見逃しを奪い追い込み、3球目は真ん中低めのフォークがボール、4球目は外のカーブがボール、そして5球目の外高めのストレートを西野選手の横を抜けるライト前へ運び、小松投手の現役生活に幕がおりました。

ヒットを打たれた時の「あ~、打たれちゃったかー。」って感じの小松投手の表情が印象的でした。

それとファーストでスタメン出場した伊藤選手が、小松投手がマウンドを降りる時に涙を堪えている姿も印象的でした。

 

そして試合は小松投手から変わった金子投手が初回こそ不安定だったものの、2回~5回まではパーフェクトに抑え安心して見ていられましたが6回に突如崩れてしまい、更には変わった海田投手も崩れてこの回8失点で試合が決まってしまいました。

降板後の金子投手の自分の不甲斐なさに腹が立っているような表情も印象的でしたね。

去年からこの金子投手の表情はよく見ます。
自分がしっかりやらなきゃいけないって気持ちが強い選手なんですよね。

 

良いニュースとしては吉田正尚選手がライトスタンドへホームランを打ち、二桁10号へ乗せた事ですね。

来年も頼むよー!正尚ー!

それともう1つ印象に残ったのが、4回に伊藤選手がホームランを打った時の金子投手の笑顔ですね。

金子投手の味方が点を取ってくれて笑顔になって喜ぶ姿は珍しい事ではありませんが、今回の笑顔はいつもとは違いましたね。

今回は久しぶりに伊藤選手とのバッテリーではなかったんですが、この笑顔を見てやっぱりこの二人には特別な感情があるんだなと。

最近は金子投手の時だけ伊藤選手がマスクをかぶっていましたが、やはりこれは金子投手自らが伊藤選手を指名していたんだと思います。

ただ気になる事があって、試合前に鈴木バッテリーコーチが今日の若月選手と金子投手のコンビについて、「今までの金子とは全く違う姿が見れるでしょう」等と発言していて、これって完全に伊藤選手を下に見ているって事ですよね。

二年連続で正捕手としてチーム防御率1位に導いた伊藤選手が本当にそこまで悪いんでしょうか。

恐らく若月選手は理論的に言葉で色々と説明が出来て、伊藤選手はそれが出来ない部分があるんだと思います。

しかし言葉で説明出来なくても感覚が優れている選手ってたくさんいると思います。

まぁ私が何が言いたいかと言うと、伊藤選手の評価が低く過ぎるんじゃないかって事です。

頑張れ、光!!

 

そしてそして話を小松投手に戻しましょう!

プロ10年間の現役生活の中でやはり1番印象に残るのが、2008年の15勝3勝防御率2.51の新人王。

次の年の2、3月のWBCメンバーにも選ばれて、その時も本当に良いボールを投げていました。

しかし、そのWBCが終わってからが小松投手にとって辛い展開になってしまいました。

2009年の成績がまさかの1勝9敗防御率7.09。

恐らくですが今年の金子投手が軽い肘の痛みがありながら投げていたように、小松投手にも何かがあったんだと思います。

その後の小松投手は中継ぎで登板したりしなかったりで、本人にとってはかなり辛い物があったと思いますが、小松投手がマウンドに上がったらやっぱり私には嬉しいものがありました。

最後の小松投手の引退セレモニーにでアレがまた見れて最高に嬉しかったです。

小松投手、本当にお疲れ様でした。

そしてありがとうございました!

 

キターーーー!!!

 

 

明後日の土曜日が今年の最終試合。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-楽天戦
-,

Copyright© プロ野球オリックスバファローズ応援ブログ魂! 〜おりたま〜 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.