【7/3ディクソン】プロ初出場の園部が2安打決勝点の活躍!

投稿日:

怪我→育成→支配下

 

こんにちは^^

今日の試合結果はこちら。

オ 000002200 4
ロ 000210000 3

勝 ディクソン 6勝6敗
S 平野 1勝4敗14S
負 大谷 1勝2敗

詳しい結果はこちら「Sportsナビ

 

先発ディクソン投手が5回までに3失点し3点差を付けられてしまい、今日も厳しいのかと思いましたが今日はひと味違った。

6回には安達選手や糸井選手が出塁し、Tー岡田選手やクラーク選手が打点をあげ。

7回には糸井選手のタイムリー2ベースで同点に追い付き、そしてプロ初出場初スタメンの園部選手が今日2本目のヒットとなるタイムリーが決勝点となり、見事な逆転勝ちとなりました。

 

園部選手は2013年のドラフト4位で入団しました。
しかし1年目の時に右肘を痛めてしまい手術をし、そしてそのまま育成選手となってしまいました。
だがしかし、今年はファームで打率.301本塁打6本と好成績を残し、晴れて再び支配下登録へとなりました。

その園部選手を今日見た感想は、全然タイミングがあっていないスイングも多く、ヒットを打った2本の当たりもそんなにタイミングがあっている感じはしませんでした。
しかし、スイングは鋭く感じましたね。
まぁ、まだ1試合見ただけなのでこれからですね!

 

今日は安達選手、糸井選手、園部選手、駿太選手、若月選手が2安打打ち、なかなか打線が活発だったのが良かったですね。
こういう試合が増えてくれれば良いのですが。

それにしても監督だけでなく、首脳陣全体の表情が悪い。かなり悪い。

次の試合は火曜日からのソフトバンク3連戦、そしてその火曜に金子投手が復帰予定。

体を痛めている金子投手には無理をしてほしくないが、エースらしいピッチングも見たい、そんな複雑な感情。

それではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ロッテ戦
-

Copyright© プロ野球オリックスバファローズ応援ブログ魂! 〜おりたま〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.