【3/20阪神】吉田正尚の豪快で素晴らしいホームラン!

投稿日:

今までの野手のルーキーで1番ワクワクするかもしれない

 

こんにちは、七咲です^^

今回は3月20日の阪神とのオープン戦を簡単に紹介します。

さあオープン戦も今日を含めてあと2試合!

 

先発のディクソン投手が5イニングを9安打3四球4失点と、前回8失点した時とあまり変わらず、球のキレもコントロールでいまいちで開幕に不安の残る形となってしまいました。

しかしディクソン投手は入団当時から悪い時は1ヶ月位続く、って言うクセ?があると思うので、今が調度その時だと思えば私はあまり不安はないですけどね。

投げている内容的にも、そもそもの力が落ちたって言うより調子が悪いだけって感じに見えますしね。

 

他には赤間投手が1回1/3を2奪三振パーフェクトに抑え、日に日にこれはイケそうって感じが増しています。

逆に不安な佐藤達也投手は1イニングを1奪三振1四球無失点でした。

しかし!この佐藤投手が登板している時に、私が試合を見ているパリーグTVの通信障害で投げている所を見れなかったので内容はよく分かりません(^^;

仕方がないのでYahoo!の1球速報で見ていたのですが、140キロ前半のストレートがあまりストライクに入っておらず、内容は良いとは思いませんでしたねぇ。

 

そして打線は9安打2得点で、今日はなんといってもドラフト1位の吉田正尚選手!

1番レフトでスタメン出場で5打数1安打。

しかしその1本が打った瞬間ホームランと分かる素晴らしい当たりで、ライト3階席の辺りまで運びました。

吉田選手は小柄ながら体格が良く、そのスイングの力強さにはびっくりです。

昨日は糸井選手のようにと言ったんですが、吉田選手のフルスイングはまるで小笠原選手のようです。

私が今までオリックスの野手のルーキーをたくさん見てきましたが、1番バッティングでワクワクするのが吉田選手と言っても間違いじゃありません。

それ位衝撃的なスイングですね。

Tー岡田選手は高卒からでしたし、1年目から活躍した大引選手などはタイプが違いますしね。

プロ野球の中では思いっきり振るタイプのバッターは結構いるとは思いますが、吉田選手ほどに力強く振れるバッターはなかなか居ないと思います。
しかもルーキーですし、そんなに空振りばっかりするようにも見えませんし。

キャンプでは怪我をしてしまいましたが、これからはほとんど怪我無く育っていってほしいと強く願います。

それ位素晴らしい可能性を秘めた選手だと思います!

 

いや~、ドラフト1位の吉田正尚選手にドラフト2位の近藤大亮投手とオリックスは今回素晴らしいドラフトをしたのではないでしょうか。

ドラフト9位の赤間投手もいますしね。

それにそれに新外国人が3人とも活躍してくれそうな感じがありますしね。

ひっそりオープン戦で6連敗しているのも吹っ飛びます(笑)

 

では今回はここまで(*^ー^)ノ♪

 

俺のオリックス!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-オープン戦
-

Copyright© プロ野球オリックスバファローズ応援ブログ魂! 〜おりたま〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.