【バリントンVS則本】7回にあの男が執念のヒット!・・も歯車が上手く噛み合わない

更新日:

 

海田が気合いのピッチング!

 

こんにちは、nanasakiです^^

モヤモヤする日々が続いているオリックス。

これを変える為には内容よりもとにかく勝利する事!

4月11日はバリントン投手とエース則本投手の対決。

オリックスのスターティングメンバーはこちら。

  1. 坂口(中)
  2. 平野(二)
  3. 糸井(右)
  4. カラバイヨ(指)
  5. Tー岡田(左)
  6. 中島(一)
  7. 原(三)
  8. 安達(遊)
  9. 伊藤(捕)

昨日私も言いましたが、ちょっと調子が上がったかな?って感じた糸井選手を3番に戻し、調子の悪くない坂口選手を1番に。

そして試合には負けましたが2試合救世主的な活躍をしたカラバイヨ選手を4番。

不調な中島選手を6番に下げ、原選手をサードで初スタメン。

キャッチャーは久しぶりに伊藤選手。

 

さぁ!勝利の女神は微笑むか?!

試合結果はこちら。

 

オ  100000200000  3

楽  010000002000  3

本  糸井2号(1回)  サンチェス1号(9回)

 

  1. 坂口  5ー1
  2. 平野  5ー1
  3. 糸井  5ー1 1打点
  4. カラバイヨ 4ー2
  5. Tー岡田  3ー1
  6. 中島    4ー1
  7. 原     5ー1
  8. 安達    3ー0 1犠打
  9. 伊藤    4ー2 2打点

打.竹原  0ー0 1四球
一.小谷野 1ー0
中.駿太  1ー0 1犠打

バリントン 6回2/3  6安打  3四球  2奪三振  1失点
佐藤 1回1/3 1安打 1奪三振
馬原 1回 4安打 1四球 2失点
海田 3回 2安打 2奪三振

 

勝利の女神はどちらにも微笑まず。

しかし試合展開とチームの現状を考えればオリックスの方が痛い引き分けに(..)

 

まずは初回に糸井選手がセンターへのホームランで先制するも、2回に藤田選手にタイムリーを打たれ同点に。

糸井選手はホームランを打ったものの、それ以降の打席の内容は悪く感じましたねぇ。

 

そこからバリントン投手と則本投手が0で投げ合い、試合が動いたのが7回表のオリックスの攻撃。

2アウト2、3塁から久しぶりのスタメンの伊藤選手が、低めの難しい変化球をショート3塁側を抜ける執念のゴロヒットで2点リードを奪う!

 

そしてバリントン投手と佐藤投手がピンチを作りながらも抑え、9回にはかつてのホークスの守護神馬原投手が上がるも・・・打率1割以下だったサンチェス選手に第1号同点2ランを打たれてしまう( TДT)

さらにその後2アウト満塁で3ボール1ストライクとサヨナラの大ピンチを作るも、昨年のオリックスの4番ペーニャ選手をショートゴロに打ち取りサヨナラは阻止!

 

延長に入ってからの打線は福山投手、金刃投手、松井裕投手にチャンスも作れず。

投手では海田投手が1人で3イニングを抑えるナイスピッチング!

本当今年の海田投手には安定感があります。

開幕前の私の評価が低くて申し訳なく思います( ̄▽ ̄;)

 

それにしても勝つ事ってこんなに難しいんですね(._.)

打線はその内調子が上がってくるとは思うんですが、中継ぎが心配です。

怪我人が多いうえに、今残っている去年の勝ちパターンの佐藤投手と馬原投手が不調です。

佐藤投手は今年登板した1試合以外はコントロールも悪く、何よりストレートのキレが多少落ちているように感じますし、馬原投手も今日はかなり悪かったです。

 

今日の良い部分は今日もカラバイヨ選手が打ちました^^

選球眼も良いですし、打ちそうな雰囲気が出ています。

これからにも期待!

投手ではバリントン投手と海田投手がナイス働き!

 

残念ながら引き分けとなってしまったこの試合。

いや、負けなくて良かった!位の前向きで行きたいですね。

明日は13時から山崎福投手と戸村投手。

私は山崎投手は素晴らしい投手になれる素質を持っている選手だと思っているので、明日はその片鱗を見せ初勝利を期待したいです☆

頑張れ頑張れオリックス!

 

輝こう、一緒に。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-楽天戦
-,

Copyright© プロ野球オリックスバファローズ応援ブログ魂! 〜おりたま〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.