【中島】今年は頼むで!ナカジ!

投稿日:

 

目指せ3割20本

 

こんにちは^^

今日は昨日もお伝えしたソフトバンク戦の、中島選手のさらに詳しい記事を紹介したいと思います。

それではどうぞ~

 

<オープン戦:ソフトバンク1-0オリックス>◇21日◇宮崎アイビー

 オリックス新加入の中島裕之内野手(32=アスレチックス3A)が、チームのオープン戦初戦で移籍後“初安打”を放った。5番三塁で先発出場し、4回の第2打席に中前に運んだ。昨オフの大型補強の中心的選手。昨季に勝率2厘差でリーグ制覇を許した宿敵ソフトバンクにさっそくインパクトを与えた。

 「オリのナカジ」に初安打が飛び出した。2回の初打席は6球目を二ゴロ。球筋を見極めると、4回は1死走者なしから中前に運んだ。ややクローズに構えた独特のフォームでソフトバンク東浜を威圧。1ストライクから外角135キロ直球にバットを合わせ、速いゴロで二遊間を抜いた。

 中島 2打席で何球ですかね? 1打席目はけっこう球が見られたので良かった。(初安打の感想は)オープン戦ですからね。特にないですよ。

 3年ぶりの日本球界復帰。日本での試合は12年10月15日のCSファーストステージ以来859日ぶりだった。新しいユニホームでさっそく存在感を発揮。打球処理の機会はなかったが、三塁守備にも就いた。

 キャンプ序盤は右打ちを徹底した。現在もまだまだ調整中で、これからペースアップしていく段階。スタメン出場にはお披露目の意味合いもあったが、それでも結果を出した。森脇監督も「ヒットは出るにこしたことはないし、内容はどんどん良くなっていくと思う」と目を細めた。

 中島は試合前の準備運動を終えると、西武でチームメートだった2歳上の松坂に駆け寄った。握手して談笑。「あいさつ程度ですよ」と再会を喜んだ。昨オフにも電話で連絡を取り合っていた。打席を見た平成の怪物には「日本にいた時と打ち方が変わってますね」と印象を植え付けた。

 「徐々にタイミングを合わせていけると思う」と中島。西武では06年から5年連続で打率3割をマークした。米国でメジャーに1試合も出られなかったが、秀逸なバットコントロールは健在だ。【大池和幸】

(引用元 日刊スポーツ

 

 

「オリのナカジ」ってまだまだ私には違和感があるというかなんというか、やっぱりまだ西武のイメージが強いですね。

昔にラジオの文化放送の西武戦で毎回やっていたコーナー「中島裕之の今日もやったるで!」は懐かしいですねぇ。

 

知らない人が多いと思いますが私は関東人なので、文化放送でオリックス戦関係なくほとんど毎日西武戦を聞いていたんですよね。

ちなみに文化放送は平日の西武戦を毎試合放送しているラジオ局です。

たとえば西武対近鉄戦を聞いていて、オリックスの途中経過が流れてそれで一喜一憂していました。

「谷が逆転3ランを打って現在3対1です。」それを聞いてガッツポーズとかね(笑)

 

今回は昔話が多目でしたが、私は今年の中島選手にあまり不安はありません。

西武時代ほどの成績が残せるか分かりませんが、悪くても打率.280、13本位はやってくれると思っていますし、3割20本打てる可能性も全然あると思っています。

 

オリのナカジは今年もやったるで!

 

 

輝こう、一緒に。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-オープン戦
-

Copyright© プロ野球オリックスバファローズ応援ブログ魂! 〜おりたま〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.