【伊藤&松葉】侍ジャパンに再び選ばれる!

投稿日:

 

期待の星

 

こんにちは、nanasakiです^^

本日はブログを書く時間があまり無いので急ぎ目で書かせて頂きます(笑

 

では早速今回のニュースはこちら!

 

3月10、11日の欧州代表戦(東京ドーム)に出場する侍ジャパンメンバー26人が16日、発表された。オリックスからは松葉貴大投手(24)が選出された。小久保裕紀監督(43)は世界に羽ばたけとエールを送った。

 伝説の左腕への第1歩だ。オリックス松葉が、侍ジャパンのメンバーに選出された。同メンバー入りは13、14年に続いて3度目。チームからともに選出された正捕手の伊藤から「世界を相手に松葉と挑戦したい」と激励され、自身も「今年こそ2桁勝ちたいし、侍の経験をシーズンにつなげたい」と意気込んだ。日本代表にとって、次世代を担う左腕投手としての期待も大きい。

 野望がある。江夏豊氏(野球評論家)に続く道だ。松葉は昨年3月に、元客室乗務員の夫人(年齢など非公表)と結婚。夫人はスポーツ栄養学などに関する知識が必須の「アスリートフードマイスター」の資格を持ち、内助の功で入団時より5キロ増の180センチ、82キロの体格になった。それでも今キャンプで対面した江夏氏の、身にまとうオーラに圧倒された。「(自分は)まだまだだなと思いました。もっと体をつくらなければ」と求める理想はより明確になった。

 江夏氏からはキャンプのブルペンで「しっかりと下半身を使って投げるように」と助言ももらった。この日は今キャンプで初のフリー打撃に登板。山崎勝、伏見を相手に50球を投げ、新球のツーシームを含む全球種を試して2球空振りも奪った。受けた伊藤も「投げている球は成長している」と目を細めた。昨年8勝1敗と貯金7を作った左腕が、3度目の侍を経て勝利数も貯金も上乗せする。【堀まどか】

(引用元 日刊スポーツ

 

代表に選ばれるのは若手中心な事と実績を考えれば伊藤選手は当然として、松葉選手がこれだけ評価されているのは嬉しいですね。

オリックスに関係ない人からそれだけ能力が高いと思われているからです。

 

あと個人的に侍ジャパンって言い方は好きじゃないですね(^^;

日本代表じゃないの?

例えばアメリカ代表と戦った時に「侍ジャパン対アメリカ代表」っておかしくない?って思うんです。

 

では頑張れ伊藤&松葉選手!!

 

 

 

好きやねん、オリックス!

 

では前回の伏見選手から駿太選手へのメッセージはこちら

 

「練習中や試合中にふざけてからんでくるのヤメテ!」

 

それに対して駿太選手は

 

「そう思っていると思わなかった。」(しょんぼり)

 

では駿太選手から次の小島選手のメッセージはこちら!

 

 

「いつも練習中に群馬弁で笑わせてくるのはやめてほしい。」

 

 

以上、駿太選手がだんだん糸井選手みたくなって来たと感じるnanasakiでした。

 

 

輝こう、一緒に。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-,

Copyright© プロ野球オリックスバファローズ応援ブログ魂! 〜おりたま〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.