【ブランコ】ペーニャに変わる新大砲

投稿日:

 

怖いのは怪我

 

こんちわ!nanasakiです^^

キャンプインまでもうすぐですね。

今年もニコニコでキャンプ中継があると思いますが、時代は変わったものですねぇ。

昔は試合を観るのも大変だったんですよね。

10代の頃はラジオの文化放送ライオンズナイターとNACK5ばっかり聴いていましたね(笑

 

って事で?今回は新戦力のトニ・ブランコ選手の紹介です。

ペーニャ選手に変わってDHの筆頭ですよね。

そんなブランコ選手の過去5年間の成績です。(年俸は推定)

 

2010年
試合134  打率.264  本塁打32   打点86

三振158  長打率.501  出塁率.349

年俸1億5300万→1億4400万

 

2011年
試合78  打率.248  本塁打16  打点48

三振68  長打率.475  出塁率.327

年俸1億4400万→1億2750万

 

2012年
試合96  打率.248  本塁打24  打点65

三振84  長打率.511  出塁率.340

年俸1億2750万→2億

 

2013年
試合134  打率.333  本塁打41  打点136

三振118  長打率.634  出塁率.416

年俸2億→2億

 

2014年
試合85  打率.284  本塁打17  打点60

三振91  長打率.492  出塁率.330

年俸2億→2億5000万

 

2012年までは中日、2013年からDeNAでプレーし、今年からオリックスでプレーするブランコ選手。

上のデータで分かるように、5年間中2年間しかフルに出られていません。

しかし怪我して試合数が少ない事を考慮しても、毎年ある程度良い数字は残していますよね。

ペーニャ選手も怪我しがちな所は一緒ですが、私はブランコ選手の方がバッターとしての実力は上だと思います。

 

とにかくブランコ選手のポイントは怪我しないか?!ですね。

DHでの出場が濃厚で怪我しにくいんじゃないか?って考え方も出来ますが、ブランコ選手は今まで走塁時に足を怪我するケースが多いんですよねぇ。

 

おそらく今年の4番はブランコ選手になると思いますが、最後に、

 

頑張れ!頑張れ!怪我しないで

 

ブ・ラ・ン・コ!!

 

ではまた!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-戦力について
-

Copyright© プロ野球オリックスバファローズ応援ブログ魂! 〜おりたま〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.