私がオリックスで涙を流した日・パート2

投稿日:

悲しい涙、嬉しい涙、悔しい涙

 

こんにちは、風邪気味と言うかもう完全に風邪だと思うnanasakiです。

昨日よりは良くなった気もしますが、まだまだ咳も出ますし頭がぼ~っとします。

でも、出来る限りの毎日ブログを更新するって決めて始めましたし、これは私の気合いですね、気合い!

まぁ普通に更新しない日もありますが(^^;

今は体調が悪くてもブログを書く時間はあるので。

 

 

と言う事で昨日の続きで私がオリックスファンになってから、涙を流した出来事を紹介したいと思います。

 

 

まずは2010年2月。あまりにも衝撃的で悲しい出来事でした。

小瀬浩之選手が亡くなった時です。

これを私が知ったのは夕方に車を運転している時に、テレビのニュース番組で「イチロー2世自殺か」って見出しがあり、最初私は高校生の方が亡くなったのだと思いました。

しかし、ニュース内容が流れると私は頭真っ白になってしまい、交通事故しかねないと思い近くにあったコンビニに車を止めて冷静になるのを待ちました。

それくらいショッキングな出来事でした。

涙を流したのは家に帰ってから深夜12時位だったのを覚えています。

 

 

次は時は少し戻りまして、2008年9月末。西武戦でオリックス初のプレーオフが決まった時です。

私がオリックスファンなったのは1997年頃からなので優勝を味わった事もなく、プレーオフも初めてで、決まった瞬間嬉しさのあまり涙が出ました。

選手が喜んでいるシーンを見る事が出来るのも最高に幸せですね。

このシーズンは清原選手が引退発表してからの8月から凄い快進撃も印象的です。

 

 

続きまして、記憶にも新しい昨年10月2日。
福岡ソフトバンクとの決戦に敗れた時です。

延長10回裏、松田選手が打った打球が左中間を抜けて行った時に涙を流しましたね。

大ピンチで比嘉投手がコールされマウンドに上がった時には、もう既に目に涙が溜まっている状態だったのを覚えています。

この試合はおそらく一生忘れる事はないでしょう。

 

 

そして最後は昨年10月12日。
CS第2戦8回裏のT-岡田選手の逆転3ランが出た瞬間です。

初戦を金子投手で落とし、2戦目も5回まで打線は無安打でリードされ、シーズンあれだけチームは頑張りここまで来たのに、このままあっさり2連敗するのは物凄く嫌だった。

そこで出た逆転3ラン。

10月2日よりも多くの涙が流れましたね。

 

次の第3戦目に負けCS敗退した事はもちろん凄く悔しかったですが、あの2戦目に勝った事は凄く価値がある事だと私は感じます。

 

 

以上が私がオリックスで涙を流した出来事です。

年々オリックスを好きな気持ちは強くなっていますね。

今では当たり前のように毎試合ネットなどで試合を見られるようになっていますが、昔はほとんど試合を見る事は出来ませんでしたしね。

 

頭がぼ~っとしている中書いたので上手く伝えられたか分かりませんが、少しでも伝わってくれていたら嬉しいです。

 

最後に叫びます。

 

 

オリックスが大好きだーーーーー!!!

 

さらにひとつになろう!!!

 

ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-その他
-

Copyright© プロ野球オリックスバファローズ応援ブログ魂! 〜おりたま〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.