私がオリックスで涙を流した日

投稿日:

嬉しい涙もあれば悲しい涙もある

 

どうもこんにちは、具合がよろしくないnanasakiです^^;

昨日の投稿でも言いましたが、風邪気味で体調が・・・一回良くなりかけたんですが、再び悪化しました(ー_ー;)

熱は大した事ないんですが、咳は出るし寒気も強く頭もぼ~っとします。

ならブログ書かなくてもいいでしょって思う人もいると思うけど、自分がやると決めたブログですし、オリックス頑張れ!って気持ちを込めて書きます!

なのでいつも以上に意味不明な内容になってしまったらごめんなさいm(__)m

 

そんな今回は私が今までオリックスを応援してきて、涙を流した事を紹介しようと思います。

ブログの他の場所でも書いていますが、私は映画などを見てもほとんど涙を流した事はないんですが、それに比べてオリックス関連での回数を考えたら、私はほんとにオリックスが好きなんだな~って実感します。

・・・言葉が変な所はご了承下さい。

頭がぼ~っとしています(汗)

 

それでは私が覚えている涙を流した場面を。

涙ぐんだだけではなく、涙を流した場面です。それと涙って事で不幸な出来事もあります。

 

まずは2000年イチロー選手がポスティングでのメジャー挑戦を発表し、夕方のニュース番組で記者会見が放送されていてイチロー選手が涙ぐんで言葉を詰まらせたように見えたシーンで、涙を流しましたね。

やっぱり私にとってもイチロー選手は大スターで、いつかはメジャーを覚悟していたんですが、あの記者会見でイチロー選手のオリックスへの愛が感じられてポロっときちゃいましたね。

 

 

次は仰木監督が亡くなった時。

私にとって仰木彬さんは永遠のオリックスの大監督なので「監督」と言う呼び方で。

仰木監督はオリックスバファローズ初年度の監督ですが、既にこの時肺癌を発症しており闘病生活をしていたんですが、物凄い強い精神力で一年間監督をやり遂げました。

しかし、残念ながら監督を勇退した僅か2ヵ月後にお亡くなりになられました。

仰木監督は私が心から尊敬し憧れている人の一人です。

 

 

・・・申し訳ないです。まだ涙を流した場面はあるのですが、頭がぼ~っとし過ぎで文字を書く事もいつもより何倍も時間がかかってしまっている状況なので、続きは明日書きます。

書ければですが・・・。

仰木監督の強い気持ちを紹介した後に止めるのも凄く情けなく感じますが、寝て回復に努めようと思います。

それでは皆さまは体調にはお気をつけください。

さらにひとつになろう!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-その他
-

Copyright© プロ野球オリックスバファローズ応援ブログ魂! 〜おりたま〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.